「ゆっくりと、呼吸とともに、‘今、ここ’ にある気づきをもって、あるがままを受け入れながら、全体をつなげる」エサレン® ボディーワーク

エサレン研究所の歴史は、1960年代の米国カリフォルニア州で、スタンフォード大学時代に友人であった、リチャード・プライスとマイケル・マーフィーの出会いから始まります。当時のカリフォルニアでは、従来の西洋文化の枠組みを超え、東洋思想に影響を受けた新しいムーブメントが起こっていました。
二人は、そんな時代の潮流のさなかに出会い、共に人間性回復運動 (ヒューマン・ポテンシャル運動)をおこすためのコミュ二ティ・センターを設立することを志しました。そして、1962年マイケル・マーフィーの家族の所有地であった、カリフォルニアのビッグサーの温泉地に、滞在型のセンターを立ち上げ、かつてその地に暮らしていたネイティブ・アメリカンの部族の名前をとって“エサレン研究所”と名づけました。

Body・ Mind ・Spirit

ビッグサーの地は太平洋を臨み、波の音の響く、温泉の湧き出る、自然豊かな風光明媚な土地で、以前から多くの目覚めたパイオニア達が移り住むところでした。以来、ボディ・マインド・スピリットを総合的に探求するセンターとして、エサレン研究所は、全米でも広く信頼を集め、多くの哲学者や文学者、心理療法家、身体 技法研究家、アーティストがここに集い、交流し、様々な実験的な試みを展開しました。心理学分野では、ゲシュタルト心理療法の創始者、フリッツ・パールズ、人間性心理学とトランスパーソナル心理学の創始者である、アブラハム・マズロー、プロセス指向心理学のアーノルド・ミンデル、またグレゴリー・ベイトソンやカール・ロジャースもここに訪れ滞在しました。

BodyWork

ボディワーク、ソマティックス(身体学)分野では、ロルフ式身体統合法(ロルフィング)のアイダ・ロルフが、そしてセンサリー・アウエアネスのシャーロット・セルバーがいました。その後、フェルデンクライス・メソッドのモーシェ・フェルデンクライストレガー・アプローチのミルトン・トレガーがここに訪れ、そしてワークショップを開催しました。 また、東洋的な心身一如の身体観が、ヨガ・瞑想・気功・太極拳・禅・合気道などを通じて、60年代の西海岸に広まったことも、エサレン研究所の歴史に重要な意味をもたらしました。アラン・ワッツ(禅)やジョージ・レナード(合気道)もエサレン研究所に頻繁に訪れ、滞在し、互いに意見交換をしました。こころと身体を別々のものとしてとらえる、従来の西洋医学の心身二元論に対して、心身一如を前提とする東洋的な身体観は、エサレン研究所での基本的な思想として定着し、西海岸で広まったホリスティック医療の基盤ともなりました。現在でも年間を通じて、常時、複数のワークショップが、このエサレン研究所でおこなわれています。その種類は多様で、ヨガや太極拳などの東洋的な身体アプローチや、ソマティクス・ボディワーク、トランスパーソナル心理学、コミュニケーション、シャーマニズム、アート、音楽、ダンス、エコロジーなど、様々な分野に広がります。 

エサレン®ボディワークは、エサレン研究所の豊かな自然と歴史に育まれながら、様々なメソッドを学んだボディワーカー達が、注意深く実践を重ねながら、全身のオイルトリートメントとしてまとめあげてきたものです。
こうした背景から、「ゆっくりと、呼吸とともに、“今、ここ”の気づきをもって、あるがままを受け入れ、全体をつなげる」という、エサレン®ボディワーク独特のスタイルと哲学が育成されていきました。
身体全体をつなげるロングストローク、波のようなリズム、ゆったりとしたストレッチ、軽い揺らし、身体の深部への注目など、様々なアプローチ法が、自分が部分からなるバラバラな存在ではなく、一つの全体的な存在であることを思い出させてくれます。

Session

セッションは通常、70分から90分。受け手がマッサージテーブルに横たわり、バスタオルやシーツなどで覆いながら、
全身を植物性のオイルでゆっくりとした瞑想的なペースで、トリートメントしていきます。
安全・安心な空間で、プラクティショナー(施術者)は受け手の呼吸、体温、筋肉の状態の変化など、全身の反応を確認しつつ、気づきとともに、おだやかに働きかけていきます。
受け手は、そのように触れられることにより深いリラクセーションを感じ、緊張が解けていきます。緊張の解放は肉体レベルにとどまらず、エネルギーや情緒のレベルでも起こりえます。プラクティショナーは、受け手が自分の体で何が起こっているのかを感じられ、解放することができるようガイドとして働き、けっして無理に侵入することはありません。
セッション中、受け手に対しての敬意、共に取組むという姿勢を常に心掛け、あるがままへの受容と統合を促します。

参考文献 「エスリンとアメリカの覚醒 - 人間の可能性への挑戦 」 <W.T アンダーソン著、伊藤博訳、(誠信書房) Esalen and American Awakening
米国カリフォルニア州、エサレン研究所(Esalen Institute)    公式ホームページ  http://www.esalen.org/